メインイメージ

女子力向上

近頃、パンケーキがブームになっています。見た目からしてかわいらしいパンケーキは、それをオーダーした人たちの「女子力」をアップし、満足させてくれるでしょう。パンケーキ専門店はデートや女子会の機会に利用されることが増えています。確かに、モコモコとした夏の入道雲のように盛られた生クリームや、焼き立てのパンケーキの上でトロリととけるアイスクリーム、フルーツを贅沢に使って作られたコンフィチュールなどで飾られた豪華なパンケーキは、とてもフォトジェニックですし、女の子であればだれもが「素敵、キレイ、かわいい」と思わずにはいられないでしょう。女の子は欲張りですから、ただおいしいだけでなく、かわいらしく、自分の気持ちを満たしてくれるようなスイーツを求めています。パンケーキはそうした需要にぴったりなスイーツと言えます。そうした女の子達に支持され、一過性のブームではなく息の長い人気スイーツとなっているのでしょう。

実は、「女子力」という言葉は、女性の立場からするととても理不尽な響きを持っています。かわいらしいものが好きだったり、おいしいスイーツが好きだったり、それを作ったり探し出したりすることは、すべて「自分のため」であって、「誰かのため」ではないのです。ですから、当然誰かに評価される必要もありません。むしろ、女性たちにとって「女子力」とは、「自分のテンションをあげてくれるもの」や、「自分を磨いてくれるもの」に出会うための力を指しているのではないでしょうか。

かわいいものやきれいなもの、おいしいものに出会えば当然テンションは上がるでしょう。そうしたものを求め、見つける力が「女子力」であって、それはより自分を元気にしたり、やる気を起こしたりするための力と言えるでしょう。その元気や、やる気が結果的に自分を満たすもの、自分を良くすることへと繋がるため、世の女性たちは「ブーム」と言われているものを試してみたり、味わってみたりするのかもしれません。そして、パンケーキは、そうした女性たちから評価されたことで、不動の人気を得たと考えられます。

人は甘いものを食べると幸福を感じるホルモンが脳内で分泌されます。さまざまな種類の甘いトッピングがのっているパンケーキは、幸せホルモンの宝箱と言えるでしょう。元気でありたい、ストレスに負けたくないという女性たちは「女子力は自分のためにある」ことを本能的に理解しており、自分にとってプラスになるパンケーキを愛しているのでしょう。